条件に合う不動産会社の選び方とは

不動産を売却する際に、なかなか買い手がつかないような場合に役立つのが不動産会社の買取サービスです。これは売却とは異なり、業者が直接物件を引き取ってくれるので時間をかけずに処分できるのが特徴です。さらに仲介という形ではなくなるので、仲介手数料がかからないのもポイントです。ただし、一般の売却による処分とは異なり、周辺相場と比べるとかなり安い価格で買い取られることになります。その理由は、不動産会社が内装や設備に手を加えて再販するためです。その改修費用の分だけ差し引いて買い取ることになるので注意が必要です。そこで、いかに高い価格で買い取ってもらうかを考えるために、不動産会社の選び方が重要となります。また不動産を手放すことには何かしらの理由があります。その条件に合った買取をしてくれる業者を選ぶことも大切です。まず買取業者の選び方で大事なことは、複数の業者に査定金額の算出を依頼することになります。売却の場合には査定金額の通りに買い手がつくとは限りません。
けれども買取の場合には、提示された金額そのままで買い取ってもらうことになるので、一番高い金額提示をした業者を選ぶのが一般的です。けれども時には、買取条件として求めることが出てきます。例えば住宅ローンを組んで購入した家やマンションの場合、その残債があれば全て返済することが必要になります。これは物件に融資をした銀行などが担保として抵当権をつけているからです。全てのローンを返済しなければ、この抵当権を外すことはできません。そうなると、買取をした業者に物件を引き渡すことができなくなるのです。そこでもしローン全てを返済できない場合には、残りを現金で支払う必要があります。その現金がないとなれば、他の無担保ローンなどを借り入れて現金を作ることになります。買取をする不動産会社によっては、そのための融資先を紹介してくれるところもあります。もし自分で無担保ローンを借りることができなければ、そのような不動産会社に依頼して引き渡しを無事に済ませることが必要というわけです。物件を手放す理由によっては、何かしらの協力が得られる業者を探す必要があるということになります。また買取業者によっては再販する際のリフォームにどれほどの費用をかけるのかが異なります。付加価値をつけて売り出すために、多額のリフォーム費用をかける業者となれば、買取価格もその分安くなるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です