手数料が不要な不動産会社の選び方と注意点とは

不動産を売却する際には、仲介を行う不動産会社に手数料を支払うので注意が必要です。特にローンの残債がかなり残っているような場合には、売却金額でその返済が可能かどうかをきちんとチェックする必要があります。場合によっては手数料を引かれることで、返済金額に満たないというケースもあります。

また売却活動が長引いてしまうと、ローンの返済負担が増えますしマンションなどの場合には管理費も支払うことになります。そこですぐに不動産会社に引き取ってもらえる買取を依頼すると便利です。この場合には仲介手数料は必要ないので、買取金額が残債の支払いに足りるかどうかをすぐに判断できるようになります。また買取を行う不動産会社の選び方に関しても、提示される査定金額そのままで取引が成立するというわかりやすさがあります。通常の売却であれば、査定金額で買い手を見つけることができるかどうかは不透明であるために注意が必要となるものです。

そして買取業者の選び方としては、できる限り不動産の周辺地域に詳しいところを選ぶというポイントがあります。というのも、不動産会社は買取をした後にはリフォームやリノベーションをしてから再販します。地元に詳しい業者であれば、どの程度の内装にすれば買い手がつくのかを熟知しています。けれどもそのような土地勘がない業者であれば、とにかく売れやすいように付加価値を付けたリフォーム工事を行うものです。当然ながら工事費用はそれなりに高くなりますし、その分だけ買取金額は安くなってしまいます。

この記事も一緒にお読みください。
売買契約に伴う「瑕疵担保責任」「危険負担」について

そのために無闇に改装にお金をかけずに買い手を探せるような不動産会社を選ぶことが必要になるわけです。そこで選び方のポイントは、まず地元で根強く活動している業者を探すことが挙げられます。次にできれば、売却活動と買取を行える業者を探すことがポイントになります。できれば一般の売却という形で買い手をつけることができれば、手数料を引いても買取よりも多い金額が入ることになるからです。

そして専任媒介契約を結ぶ際に、その契約期間の3ヶ月が過ぎても買い手がつかない場合に買取を依頼するという形にするわけです。この場合は買取は保険の代わりとなり、買取専門に行う場合と比べると高めの金額設定となるケースが多くなります。つまり、どちらを選ぶにしても売主としては損をしないことになります。このような特約をつけた売却活動ができる業者も選んで、査定を出してもらうのが良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です