一般的な買取の不動産会社の選び方とは

保有する不動産を売却する場合、早期に処分したいケースがあります。なかなか買い手がつかないような時には、不動産会社に買取をしてもらうのもひとつの方法です。一般的に市場で売却するよりも金額は安くなりますが、確実に手放すことかできる利点があります。その際の不動産会社の選び方として、リフォーム費用をかけずに再販できる業者を探すことが挙げられます。

通常は不動産会社は、買取をした不動産にリフォームやリノベーションを施して販売することになります。その時に付加価値をつけえ内装工事を行う傾向があるので、リフォーム費用はかなり必要となります。けれども再販価格は周辺の不動産相場とほとんど変わらない金額になるので、買取金額はそのリフォーム費用の分だけ安くなるということになります。

つまり、リフォームの費用が少ないほど買取金額は高くなるというわけです。けれども多くの業者は再販する際に、いかにその物件を魅力的なものにするのかを念頭に置いています。そうでなければ買い手がつかないと考えるわけです。そこで買取業者の選び方として、地元に詳しい不動産会社を探すという方法が挙げられます。

これは再販する不動産そのものの価値を良く知る業者を選ぶということを意味します。一般的に不動産を売却する際には、その価値を知ってもらうことにより売却価格を高く設定することができるようになります。つまり、リフォームなどにお金をかけなくても、その立地の価値を十分に理解できる買い手を探すことで難なく売却できるというわけです。

この記事も一緒にお読みください。
築年数が古い不動産を売却するときのポイントと注意点

そのような取引経験が豊富な業者を選ぶことで、買取金額も高くなるというわけです。一般売却よりも安くなるとはいえ、買取で処分すると購入時のローンの残債を全て返済できない可能性があります。つまり買取金額だけでは残債をゼロにはできないということです。そうなると、融資をしている銀行が抵当権を外さないので、不動産を引き渡すことができなくなります。そこで他から融資を受けて、残債の残りを支払うことになります。そのような負担を減らすためにも、少しでも高い査定金額を提示する業者を探すことが必要になります。

まずは複数の候補を選んで査定金額を算出してもらうことが必要です。その数字によってどの業者に任せるのかを決めることになります。一般の売却における査定金額とは異なり、買取の場合はその金額で取引が成立するので、比較検討がしやすいという利点があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です