査定依頼をする不動産会社の選び方について

不動産を早急に手放したい時には、不動産会社の買取サービスを利用することになります。これは通常の売却とは異なり、不動産会社に直接物件を購入してもらうサービスとなります。買取をした不動産会社はその物件をリフォームして、再販することになります。ただしこの販売価格は周辺相場と同じ価格になります。つまりリフォーム費用を上乗せできるわけではないので、買取価格から工事費用を差し引くということになります。

この記事も一緒にお読みください。
土地やマンションを相続した場合の注意点と相続税対策

そのために、どの程度の金額で買い取ってくれるかは、どの位リフォームに費用を費やすかに左右されるわけです。そこでまず複数の不動産会社に物件買取の相談をして、査定金額を算出してもらいます。その中から、最も高い金額を提示した業者に依頼することになります。そこでまず重要となるのは、査定を依頼する業者の選び方として地元に詳しい不動産会社をピックアップするということです。

なぜ大手の会社ではないのかというと、そのエリアで物件を必要とする人はどのような内装の物件を求めているのかを把握しているからです。通常大手の会社であれば、とりあえず売りやすいように内装を凝ったものにします。設備も最新のものを導入することで、売りやすいというわけです。けれどもそのようなリフォームをすれば当然ながら、相当の費用が必要になります。

その分、買取査定の金額は安くなるわけです。けれども地元の不動産会社であれば、最小限のリフォームに抑えて販売することができます。そのために買取価格も高くなります。このように買取業者の選び方としては、どの程度の改装で再販できるかということがポイントになります。また不動産の処分で大事なことは、ローンを全て完済できるかどうかということです。

買取金額でローンの残債全てを払うことができなければ、担保としている抵当権を解除してもらえません。あるいはマンションの場合には管理費を滞納していたり、あるいは固定資産税を支払えていない場合にも注意が必要です。

そのような未払金は全て払っておく必要があります。そのためには無担保のローンを借りたりして現金を用意することが必要です。そのためのアドバイスをしてくれる不動産会社もあります。少しでも金利が安い無担保ローンを紹介してもらうといったことも大事です。早急に不動産を処分することには、様々な問題も発生します。そのような場合に力になってくれる不動産会社を探すことも大切であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です