不動産会社の店舗の選び方について

不動産を手放す方法として、一般市場で売却する方法と不動産会社に買取を依頼する方法があります。売却する場合には、不動産会社に買い手を探してもらい、仲介によって売買契約を交わすことになります。相場の価格で売却することができますが、課題は時間がかかることです。専任媒介契約も3ヶ月の契約期間となっています。

これは平均するとそのくらいの時間が必要になるということです。もちろんその間に買い手が見つからなければ、契約を更新することになります。けれども早急に物件を処分したい場合もあります。例えば転勤のためにすぐに転居する場合、そのまま保有を続けているとローン返済の負担が増すことになります。あるいは住宅ローンを滞納してしまった場合、物件を差し押さえられた上で競売により安く処分されてしまいます。

それを避けるために、不動産会社に直接買取を依頼することができます。ただしこれは全ての店舗で扱うわけではなく、対応している店舗を探す必要があります。その選び方としては、まず物件のある地域で広く活動している不動産会社を探すことが挙げられます。これはそのエリアで物件を探している顧客を抱えていることが多いからです。

そしてもうひとつは、買取を依頼する物件ならばどのように転売すれば良いのかを的確に判断できるからです。買取をした物件は不動産会社がリフォームやリノベーションを施した上で再販します。この場合、改装によって綺麗にしても販売金額は周辺相場と変わりないものとなります。つまり買取の金額は、その改装のために要した費用を差し引いた額となるわけです。

つまりお得に買取をしてもらうためには、無駄にリフォーム費用をかけないような業者を探すという選び方が必要になるということです。地域に根付いた業者であれば、どのように改装すれば買い手がつくのかを把握しているものです。効率良く内装を綺麗にして設備も入れ替えることができるわけです。さらにリフォーム業者との付き合いも長いことから、コストを抑えて工事を行えるようになります。

この記事も一緒にお読みください。
不動産の売却で必要になる「売買契約」と「媒介契約」とは?

このように改装費用を削減できることで、買取価格も高めに設定できるというわけです。そのような不動産会社をピックアップして、査定金額を出してもらうのがお得な選び方と言えます。売却の場合とは異なり、そこで提示される金額が実際の買取金額になるからです。また業者に引き渡す際に、ローンの残債を全て支払えない場合には、フリーローンを紹介してくれる業者もあるので利用すると便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です