不動産会社の選び方 目的に適した会社を探そう

早急に不動産を売却したいというケースは色々とあります。例えば転勤のために転居することが決まり、自宅を早急に手放す必要があるといった形です。あるいは住宅ローンを滞納してしまい、競売を避けるために急いで売却する必要があるといったことです。けれども一般の売却は時間がかかるものですし、売買契約を結んだ後の引き渡しにも手間がかかります。

そこで不動産会社の買取という手段の選び方があります。これは業者に直接不動産を引き取ってもらうものですが、一般の売却と比べるとスピーディに現金化できるのが利点です。不動産会社と直接売買契約を結ぶので、仲介手数料が不要となるメリットもあります。ただし売却するよりも価格が安くなることに注意が必要です。

これは不動産会社が引き取った後に、物件を改装して転売することになるからです。内装や設備など古いものは新しく交換することで、居住性を高めるといった効果があります。購入者もすぐに引っ越して生活できるメリットがあります。ただしその再販の価格は、あくまでも周辺相場に合った価格となります。つまりリフォームなどの費用は上乗せされないので、買取価格から差し引かれるということになります。

そのために買取の不動産会社の選び方としては、このリフォームをいかに低予算で行えるかがポイントになるわけです。そのためには、確実に購入者のニーズを理解して必要最低限の改装だけを行うことが必要になります。そこで再販を多く扱っている業者を探すことが必要と言えます。さらに買取による売買契約で引き渡しをする際には、組んでいるローンの残債全てを支払うことが必要です。

その上で抵当権を外してもらい、所有権を移転させるというわけです。けれどももし買取金額で残債を支払えなければ、足りない分を他で借り入れておく必要があります。そのためのアドバイスができることも、不動産会社に求める条件となります。できる限りの低金利で借りる必要がありますし、さらに無担保ということも条件になります。そのような融資会社を知っている不動産会社を探すのもひとつのポイントと言えます。

この記事も一緒にお読みください。
空き家を放置しておくのは危険!固定資産税6倍で罰金になるって本当?

さらにローンを滞納して任意売却が必要な物件であれば、ローンの残債が残っても抵当権を外してもらえます。ただし他でローンを組んで残債をゼロにすることには代わりありません。その際に残った借金の返済が無理のないような形となるように債権者と交渉してくれるような不動産会社を選ぶということも大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です