不動産買取をしてもらう不動産会社の選び方のポイント

不動産を売る方法としては、不動産会社に仲介を依頼する方法と、買取をしてもらう方法があります。前者の方が、直接買主に市場価格を基に売ることになるため、仲介手数料を考えても高く売ることができます。しかし、仲介の場合は、買い手が現れるまで待つ必要があります。場合によっては、買い手が見つからないということもあり得ます。その点、買取の場合は、確かに市場価格よりも業者の取り分が入るため、仲介を依頼した場合よりも売れる値段は安くなります。しかし、査定後すぐに買い取ってもらうことができますし、現金ですぐに支払ってもらうことができるので、急いで不動産を処分したい方は、不動産会社に買取をしてもらうのがおすすめです。

買取をしてもらう不動産会社の選び方はいろいろありますが、おすすめは複数の買取業者に査定をしてもらって、もとも高く査定をしてくれたところに売る方法です。この選び方が優れているポイントは、比較をすることで端的に高く不動産を売ることができるため、損をすることはなくなることにあります。模試、一つの不動産会社だけに査定をしてもらった場合、その買取価格が高いかどうかを判断することができないため、場合によっては損をしてしまう可能性もあります。結果的に最初に査定をしてもらったところが一番高かったとしても、安い価格で売却をしてしまって損をする可能性を排除する点で、比較をするという方法はとても有益です。査定自体はどこも無料で行ってくれますし、その価格で買い取るという最終的な意思表示を示してもらうことができるため、多少手間はかかりますが比べた方が良いです。

比較をする際のポイントは、できるだけ多くの業者に査定をしてもらうことです。少ないと、たまたま査定が低い業者を選んでしまった場合に失敗してしまうことがあります。比較は面倒であると感じる方も多いですが、便利な方法を利用すれば、比較の手間もある程度抑えることが可能です。具体的には、ネットを活用して査定をしてもらうことです。例えば、不動産会社自体がネット査定で買取の見積もりを出してくれる場合があります。ネット査定なので、直接物件を見ないでの仮査定となりますが、ある程度は正確に判断するので、比較をする際には役に立ちます。仮に直接見てもらって当初よりも価格が下がれば、断っても問題ないため、積極的に利用すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です