物件探しのための地元の不動産会社の選び方とは

不動産物件を探す際には、地元の不動産会社に足を運ぶのが一番です。ネットに掲載される情報はすぐに陳腐化されますし、人気のある物件はすぐに決まってしまいます。その点、駅前などの地元の不動産会社には新鮮な情報が集まります。ネットに出る前の条件の良い物件を見つけることができるというわけです。そのための不動産会社の選び方としては、まず物件のオーナーと専任媒介契約を結ぶことがポイントになります。

この記事も一緒にお読みください。
準備不足はNG!家を売る前にチェックしておきたい7つのポイント

このような物件は一般に出回ることが無いので、優先的に検証することができます。また、このような不動産会社は宣伝活動を行っていないので、無駄なコストをかけずに物件探しに協力してくれるようになります。例えば大手チェーン店の場合、見込みのあるお客を優先して情報提供します。けれども駅前にあるような不動産会社であれば、条件を提示しておくことできちんと連絡を入れてくれます。

物件の選び方としても、このような不動産会社を複数見つけておいて、情報が入れば連絡してもらえるようにしておくことがお勧めです。もちろん定期的に足を運んで、新しい物件情報が入っていないかどうかをチェックすることも大事です。またお得な情報として、任意売却に出される物件を探すという方法もあります。これは住宅ローンを滞納することにより、早期に処分する必要がある物件のことです。市場相場と比べると安く購入できるようになりますが、なかなかこのような物件情報は得られません。そこで地元の不動産会社に足を運ぶことで、そのような情報を得られることになります。

任意売却は一般に購入者を募ることができないものです。債権者の承認を得た業者のみが売却活動を行えるので、地元で長く活動している不動産会社であれば扱う可能性が高いというわけです。さらに地元の業者を介することによって、売主と価格に関する交渉もできるようになります。地域情報に詳しい業者は信頼を得ているので、適正な価格で取り引きにつなげられると判断されるからです。

以上のような理由から、お得に不動産情報を得るためには地元で長く物件を扱っている業者を探すことが効果的というわけです。また駅前の業者を選ぶのも、より多くの情報が集まるという理由になります。ネットであればすぐに情報は行きわたりますし、検索も楽に行えます。けれども足を使って情報を得るということは少なくなっています。これが業者を回って直接物件探しをする理由と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です