不動産会社の選び方と売買契約について

不動産を売却したいと思ったら、不動産会社に仲介を依頼するか、もしくは買取をしてもらうことになるでしょう。不動産会社の選び方を知らないと、後悔をしてしまうこともあるので、基本的なポイントについては抑えておく必要があります。

不動産会社によって、土地の売却を得意としているところ、マンションの売却を得意としているところなど、それぞれに特徴があります。なるべく自分の売りたい不動産を専門で扱っている不動産会社を選ぶことが、1つのポイントとなります。しかし、詳細な事情については、内部にいる人間にしかわからないことです。一般人には、公式ホームページなどを見て基本的な情報を得ることくらいしかできません。

そのため、できるだけたくさんの業者に査定をしてもらうことが重要になります。査定額は、その不動産会社が「だいたいこのくらいの価格なら売れるであろう」と予想した金額です。直接買取をしてもらうケースなら、見積もりの金額がそのまま買取価格となるでしょう。できるだけたくさんの業者を比較することが、賢い選び方です。

仲介を依頼するケースなら、3つの媒介契約の種類についても理解しておきましょう。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類がありますが、どの媒介契約の種類を選ぶかによって、結果が変わってくることがあります。売主にとっては、複数の業者に依頼ができる一般媒介契約が一番メリットがあるかのように思えます。しかし、複数の業者に同時に依頼ができるということは、不動産会社としては、他の業者に先を越されてしまって、仲介手数料をもらえないというリスクにもなります。リスクが高いと判断をしたら、不動産会社は販売活動に使うコストを節約してしまうでしょう。特に理由がないのであれば、専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約を選んでおくことがおすすめです。

基本的には仲介をしてもらったほうがメリットがありますが、場合によっては買取をしてもらったほうがメリットが大きくなることもあります。両方のケースについて検討をしてみましょう。

この記事も一緒にお読みください。
必読!不動産やマンションの売却で失敗する人の5パターンとは?

仲介手数料を支払うタイミングについては、業者によってルールが異なっています。契約が決まった時点で仲介手数料の半分を支払い、決済がされたタイミングで残りの半分を支払うというようになっていることも多いですが、契約が決まった時点で全額を支払うようになっていることもあります。あらかじめ契約内容を確認しておき、納得をした上で契約を結びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です