対応の良い不動産会社の選び方とは

不動産を手放す時には、親身になって対応してくれる不動産会社を選びたいものです。特に買取となれば、いくらで買い取ってもらうのかは担当者の対応にもよります。そこで不動産会社の選び方を知っておくと、親身に対応してくれる業者を見つけることが可能となります。まず大手のチェーン店のように宣伝広告にお金をかけているようなところよりも、地元で長く活動しているようなところで探すのが良いと言えます。

これは一見すると、チェーン店の方が資金力もあることから買取金額も高くなると思いがちです。けれどもその金額の決定は簡単には行えないものですし、ましてや店舗ごとの勝手な判断で決めることはできません。それよりも独立した店舗として活動している不動産会社の方が融通が利くと言えます。さらに意思決定が早いので早期に買取を頼むこともできます。

また無駄な宣伝費用を使っていないので、利益の確保という点から見ると大手チェーンよりも余裕があります。それが親身な対応につながるというわけです。さらに役立つ選び方としては、取引事例が多い不動産会社ほど再販に慣れているので、リフォームにも無駄がありませんし余計なコストはかけずに買い手をつけています。つまりリフォームの費用が少ない分だけ買取金額も高くなるというわけです。

地元での活動が長いほどに、物件を探している顧客も多く抱えています。そこで紹介もしやすいことから、肌に内装工事を行って売りやすくしようという無駄な予算をかけずに済むわけです。リフォーム業者とも付き合いが長いので、さらに工事費用を削減することができます。さらに任意売却のような形で買取を依頼する場合にも、親身になって対応してくれます。この場合にはローンの残債が残る可能性が高いわけですが、債権者と交渉して債務を減らすように交渉もしてくれます。さらに引っ越しのための現金も残してくれるので生活の再建を考える人にとっても嬉しい心遣いであると言えます。

このようにクライアントの状況をしっかりと理解して対応してくれることが地元の不動産会社の利点とも言えます。不動産を買い取った後のクライアントの生活も考慮してくれるなど、宣伝活動費用をかけない分だけ余裕のあるサービスをしてくれるわけです。そのような業者をピックアップして買取の査定金額を算出してもらい、そこからどの業者に頼むのかを決めるということになります。ただ不動産を引き取って終わりではないのが嬉しいものです。

この記事も一緒にお読みください。
相続した不動産を売却するとき納める2つの税金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です