不動産会社や管理会社の選び方について

不動産に関する取引では、不動産会社や管理会社の選び方が重要です。例えば売却する際には、管理会社による管理がどれほどきちんと行われていたかによって査定金額は変わります。また仲介による売却ではなかなか買い手が見つからない場合に、買取サービスを行う不動産会社を選ぶこともできます。

その際の不動産会社の選び方としては、オーナーの希望をある程度聞いてくれるところを探すということが挙げられます。買取サービスを利用する場合、大抵は急いで処分したい理由があるものです。買い替えにより早急に現金が必要であるとか、現在のローンを返済しておきたいといったことなどがあります。その際に希望金額を提示することで、検討してくれる不動産会社もあります。

例えば仲介による売却では、どのくらいの金額で購入するかは買い手次第と言えます。けれども買取の場合には、再販の際にどのようなリフォームを行うのかによって決めることができます。と言うのも、買取サービスの仕組みはまず不動産を業者が引き取り、改修費用を費やしてリフォームを行います。その上で改めて販売するわけですが、その価格は周辺相場に合わせることになります。

つまり、リフォームによってかかった費用を上乗せすることはできないということです。つまり、そのリフォーム費用は買取金額から差し引かれるということになります。そのためにリフォーム費用を少なくするほどに、買取金額は高くなるというわけです。そしてオーナーの希望を聞くことで、そのリフォーム費用を削減できる業者を選ぶことが大事と言えます。このような業者は地元で長く活動している不動産会社に多く見られます。というのも、そのエリアで物件を求める顧客を抱えていることが多く、その希望条件も熟知しているからです。

例えばそれほどの設備を必要としない代わりに少しでも安く購入したいと考える顧客もいます。そのようなニーズに合わせて再販するというわけです。このようなキメの細やかな対応は大手の不動産会社ではなかなかできないものです。また買取の際にローンの残債を返済するための相談にも応じる業者もあります。買取額だけでは残債全てを支払えない場合、担保としている抵当権は解除できません。そこで金利は低い無担保ローンを借りるための相談に応じることができる業者は貴重です。買取に際しては色んな条件がつくことがあります。それにしっかりと対応できるところを選ぶことが大切です。

この記事も一緒にお読みください。
不動産売却は3ヶ月で売れるって本当?買い手が見つかるまでの期間は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です