物件について情報提供をしてもらう際の不動産会社の選び方

家を借りる時には、不動産会社を利用して物件の情報提供をしてもらい、それを気に入ったら仲介してもらうことになります。家主は基本的に自分で借り手を探すのは難しいので、不動産会社を通して借り手を見つけていきます。逆に言えば、借り手の方も、貸してくれる人を直接探していくことは難しいため、不動産会社に情報提供をしてもらって、住む家を探すことになります。
ところで、不動産会社はたくさんあるため、気になるのがその選び方となります。この点に関しては、直接色々なところを回ってみて、良さそうだと感じるところを利用するというのが一番よい選び方です。基本的に、どこの不動産屋でも、他の不動産屋で扱っている物件を紹介してもらうことは実は可能です。そのため、物件の情報料という点ではどこも大差がありません。そこで、それで業者を選定するのではなく、自分の希望に対して親身になって考えていくれるような業者を利用したほうが、気持ちよく住居を仲介してもらうことができます。そこで、こういった視点で探してくことはおすすめの方法となります。
また、自分が疑問に感じた点について、きちんと明確な情報提供をしてくれるところは、信頼できる業者としておすすめです。業者の中には、借り手にとって不都合となる点をぼかしてきちんと説明してくれないところもあります。そういったところで紹介された物件は、住んでて不満を感じるようになる可能性は否定できません。その点、きちんとした情報を借り手側に提供してくれる業者であれば、信頼できますし、自分にとって一番よい住居を選ぶことができます。
効率的に探したいならば、地元で評判が良い業者を利用してみるのも悪くは有りません。地元で長年営業しているということは、利用者がきちんと集まっていることを表しています。それは、オーナーもそうですし、借りてもそうです。もし人が集まらなければ、長くは営業を続けることができません。長く営業しているということは、それだけ信頼できる証拠です。したがって、こういった不動産会社ならば、自分が利用しても不満を感じることはないでしょう。それに、実際に話を聞いてみても良いかどうかは直感的にわかります。例えば、気になる点を質問した際に、理解するようにやさしく説明をしてくれる業者であれば、それは良い業者といえるでしょう。
不動産会社はたくさんあるため、選ぶ際には悩むことも多いですが、こういった視点で探していけば見つけやすいので参考にしてください。

管理会社や不動産会社の選び方の違い

不動産の資産価値を左右する管理会社や、売買に必要な不動産会社の選び方には用途に応じて違いがあります。例えば管理会社ならばいかに建物を長持ちさせるように管理やメンテナンスができるかが問われます。賃貸経営をしている物件であれば、借り手を探す業務も加わります。同じように不動産を手放す場合にも、その手段に応じて不動産会社の選び方は変わります。

例えば早急に処分したいという場合、売却ではなく買取サービスを利用することになります。買取サービスは買い手を探すのではなく、直接業者に引き取ってもらうものです。ただしこの場合には、相場の価格で引き取ってもらうというわけにはいきません。と言うのも、業者は引き取った物件を手直しして、さらに利益を乗せて再販するからです。その再販の価格は、周辺で売り出されている中古物件と変わらない単価となります。つまり手直しにかかった費用は上乗せすることができないというわけです。

そのために、利益の分と手直し費用の分を差し引いた金額で買取をすることになります。そこで、少しでも高い価格で引き取ってもらうために業者の選び方が重要となります。まず複数の不動産会社に査定を依頼するわけですが、そのピックアップの方法としては物件の周辺エリアに詳しい業者を探します。というのも、そのエリアで物件を探している顧客を抱えている可能性が高いからです。もちろん仲介で売却しても良いのですが、そのためには内見をしたり価格交渉を行ったりと手間がかかります。

急いで処分するからば、業者に引き取ってもらった上で、そのような顧客に再販してもらうのがベストと言えます。また周辺エリアに詳しい業者であれば、その物件の価値を十分に伝えることができます。つまり高い価格で提供できるので、買取価格もそれに合わせて高く設定されるというわけです。

そのような業者をいくつか探して査定を依頼し、その中で高い価格を提示したところに決めるという形になります。ここでも売却とは異なる選定をすることになります。売却の場合、必ずしも提示された査定金額で売れるとは限りません。そこで業者の販売能力なども加味して選ぶ必要があります。けれども買取の場合には、提示された査定金額でほぼ引き取ることが決まります。つまり、単純に高い査定金額をチェックすれば良いということになります。後は抵当権の抹消などの手続きを行ってくれるかどうかをチェックすれば大丈夫です。

この記事も一緒にお読みください。
借地権付きデザイナーズ賃貸物件の基本と売却で見落としてはいけないポイント