不動産会社の選び方!基本的なポイントを抑えておく

賃貸を借りて部屋で暮らすための部屋を探す時も、マイホームを購入しようと物件を探す時も、理由があって現在の家を売却することになった場合も、不動産投資のための物件を探す場合でも、不動産物件の取り扱いをする場合、必ず不動産会社にお世話になることになります。
不動産を買ったり売ったりする場合において良い不動産会社を選ぶという事はとても重要です。例えばまだ雑誌やインターネットに掲載されていないお得な物件を紹介してもらうことが出来ますし、不動産を売ったり買ったりする場合でも最終的には良い不動産会社に巡り合えるかどうかが自分の希望通りの金額で、そして期限通りに売れるかどうかを大きく左右します。

この記事も一緒にお読みください。
不動産や預金だけじゃない!相続税の対象になる資産は?

特に不動産投資をしていて自分が所有する不動産を売ることになった場合、良い不動産会社を見つけることが出来れば半分は売却を確約されたようなものといわれているほどです。
ですから、良い不動産業者の選び方を知っておくという事は不動産を取り扱うことになった場合とても役に立つことです。

自分に合った良い不動産会社の選び方としてまず一番前提になるのが、自分の目的をよく把握し、その目的を得意とする不動産会社を見つけるという事です。
不動産業者は同じようでいて、一つ一つ違いがあります。素特徴を見極め、丼種不動産取引が得意化をよく確認しましょう。

賃貸の部屋を探している人が不動産売買が得意な会社を選んだとしてもそれほどメリットは無いですし、逆に不動産売買を目的とした人が賃貸物件の取り扱いが得意な業者に自分の所有しているマンションなどを売ってもらおうとしてもなかなか上手くいかないでしょう。

もし不動産の売買が目的であればその不動産業者の販売実績をいろいろと調べてみましょう。特に自分が所有している不動産に近いエリアの販売実績が多い不動産業者であれば、その地域に強い不動産会社なので自分の所有している不動産の売却を任せる業者としては適しているといってよいでしょう。
また、特に自分が所有している不動産の販売実績が最近のものだった場合、他にも同じエリアで不動産を探している人を知っている可能性が高いので、その顧客がもし不動産をまだ探している状況だった場合、かなり早い段階で購入してくれる可能性が高い顧客を見つけることが出来ます。
また、一社だけで決めるようなことはせず同じような傾向の会社数社にアプローチしてみて、比較検討するようにしましょう。

不動産会社の選び方 目的に適した会社を探そう

早急に不動産を売却したいというケースは色々とあります。例えば転勤のために転居することが決まり、自宅を早急に手放す必要があるといった形です。あるいは住宅ローンを滞納してしまい、競売を避けるために急いで売却する必要があるといったことです。けれども一般の売却は時間がかかるものですし、売買契約を結んだ後の引き渡しにも手間がかかります。

そこで不動産会社の買取という手段の選び方があります。これは業者に直接不動産を引き取ってもらうものですが、一般の売却と比べるとスピーディに現金化できるのが利点です。不動産会社と直接売買契約を結ぶので、仲介手数料が不要となるメリットもあります。ただし売却するよりも価格が安くなることに注意が必要です。

これは不動産会社が引き取った後に、物件を改装して転売することになるからです。内装や設備など古いものは新しく交換することで、居住性を高めるといった効果があります。購入者もすぐに引っ越して生活できるメリットがあります。ただしその再販の価格は、あくまでも周辺相場に合った価格となります。つまりリフォームなどの費用は上乗せされないので、買取価格から差し引かれるということになります。

そのために買取の不動産会社の選び方としては、このリフォームをいかに低予算で行えるかがポイントになるわけです。そのためには、確実に購入者のニーズを理解して必要最低限の改装だけを行うことが必要になります。そこで再販を多く扱っている業者を探すことが必要と言えます。さらに買取による売買契約で引き渡しをする際には、組んでいるローンの残債全てを支払うことが必要です。

その上で抵当権を外してもらい、所有権を移転させるというわけです。けれどももし買取金額で残債を支払えなければ、足りない分を他で借り入れておく必要があります。そのためのアドバイスができることも、不動産会社に求める条件となります。できる限りの低金利で借りる必要がありますし、さらに無担保ということも条件になります。そのような融資会社を知っている不動産会社を探すのもひとつのポイントと言えます。

この記事も一緒にお読みください。
空き家を放置しておくのは危険!固定資産税6倍で罰金になるって本当?

さらにローンを滞納して任意売却が必要な物件であれば、ローンの残債が残っても抵当権を外してもらえます。ただし他でローンを組んで残債をゼロにすることには代わりありません。その際に残った借金の返済が無理のないような形となるように債権者と交渉してくれるような不動産会社を選ぶということも大事です。

不動産会社の選び方と売買契約について

不動産を売却したいと思ったら、不動産会社に仲介を依頼するか、もしくは買取をしてもらうことになるでしょう。不動産会社の選び方を知らないと、後悔をしてしまうこともあるので、基本的なポイントについては抑えておく必要があります。

不動産会社によって、土地の売却を得意としているところ、マンションの売却を得意としているところなど、それぞれに特徴があります。なるべく自分の売りたい不動産を専門で扱っている不動産会社を選ぶことが、1つのポイントとなります。しかし、詳細な事情については、内部にいる人間にしかわからないことです。一般人には、公式ホームページなどを見て基本的な情報を得ることくらいしかできません。

そのため、できるだけたくさんの業者に査定をしてもらうことが重要になります。査定額は、その不動産会社が「だいたいこのくらいの価格なら売れるであろう」と予想した金額です。直接買取をしてもらうケースなら、見積もりの金額がそのまま買取価格となるでしょう。できるだけたくさんの業者を比較することが、賢い選び方です。

仲介を依頼するケースなら、3つの媒介契約の種類についても理解しておきましょう。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類がありますが、どの媒介契約の種類を選ぶかによって、結果が変わってくることがあります。売主にとっては、複数の業者に依頼ができる一般媒介契約が一番メリットがあるかのように思えます。しかし、複数の業者に同時に依頼ができるということは、不動産会社としては、他の業者に先を越されてしまって、仲介手数料をもらえないというリスクにもなります。リスクが高いと判断をしたら、不動産会社は販売活動に使うコストを節約してしまうでしょう。特に理由がないのであれば、専属専任媒介契約もしくは専任媒介契約を選んでおくことがおすすめです。

基本的には仲介をしてもらったほうがメリットがありますが、場合によっては買取をしてもらったほうがメリットが大きくなることもあります。両方のケースについて検討をしてみましょう。

この記事も一緒にお読みください。
必読!不動産やマンションの売却で失敗する人の5パターンとは?

仲介手数料を支払うタイミングについては、業者によってルールが異なっています。契約が決まった時点で仲介手数料の半分を支払い、決済がされたタイミングで残りの半分を支払うというようになっていることも多いですが、契約が決まった時点で全額を支払うようになっていることもあります。あらかじめ契約内容を確認しておき、納得をした上で契約を結びましょう。

不動産会社の選び方と本店が所在地から分かる事とは

不動産を売却する方法の中には自分で購入希望者を見つける方法もありますが、個人で売買契約を結ぶ事は難しく、所有する土地や一戸建て住宅、マンションなどの種類に関係なく、個人が所有する不動産を売却する時には不動産会社に依頼するケースが殆どです。
しかし、不動産会社であればどこに依頼をしても良いわけではなく、適切な選び方で不動産会社を選ぶ必要があります。
さらに、売却を依頼する時には、口頭で家を売って欲しいなどと伝えるのではなく、媒介契約を結ぶ必要があります。
媒介契約には一般媒介契約、専任専属媒介契約、専任媒介契約の3種類があり、一般媒介契約は複数の会社と契約を結ぶ事が出来ますが、専任専属媒介契約、専任媒介契約においては1社のみであり、一度契約を結ぶと契約期間が3か月になるので適切な選び方で行う必要があります。
適正な選び方と言っても、選び方には幾つかのポイントがあります。
そのポイントの一つとして、信頼が出来る不動産会社と媒介契約を結ぶ事です。
不動産会社の中には悪質な業者も存在していないとは言い切れませんので、確かな情報を基にして選ぶ事が大切です。
不動産業を営む企業は、幾つかの免許を持っている必要があります。
免許と言っても、宅地建物取引主任者などの資格ではなく、営業を行う上で必要な免許です。
不動産業を営む企業が必要な免許は、民間業者が建物の取引を行うため免許であり、この免許の有無を確認する事が大切です。
無免許で営業している場合には行政処分を受ける事になるので、どこの会社も免許を持っていると感じている人は多いかと思われますが、無免許で営業している会社はゼロではないわけです。
免許の確認方法はそれほど難しいものではありません。
まず必要な事は、対象となる不動産会社の本店の所在地を確認しておきます。
行政機関としては国土交通省地方整備局や都道府県庁などで、国土交通省地方整備局の場合は、各地方整備局などの管轄区域に本店が所在する国土交通大臣免許を持つ業者になります。
都道府県庁の場合は、各都道府県知事免許の業者もしくは、各都道府県に本店が所在している国土交通大臣免許の業者になります。
免許の有無を確認しておけば安心ですし、免許の交付を行った行政庁に出向けば無料で業者名簿の閲覧が可能になる、業者名簿には過去の営業実績や行政処分歴などが記載してあるので、信頼する事が出来る不動産会社であるのか否かの確認を行う事が出来ます。

お得な不動産会社の買い取り専門業者の選び方

不動産を売却する際に、なかなか買い手が見つからない場合には不動産会社に買い取ってもらうことができます。そのような時のために、お得に買い取りをしてくれる専門業者の選び方を知っておくと役立ちます。まず基本的な知識として知っておくべきことは、買い取りは通常の売却よりもかなり安い金額で不動産会社に引き取ってもらうということです。

これは買い取りを行った不動産会社が、リフォームを行って再販するからです。その際にはリフォーム費用を上乗せすることができないので、その分安く買い取ることになります。業者の選び方の基本は、複数の専門業者に査定依頼をすることです。その中で最も大きな金額を提示した業者に依頼することになります。また、買い取りに関する知識として知っておきたいのは、売却とは異なり仲介手数料がかからないということです。

その分だけ安くても良いと考えられます。買い取りを依頼する場合、まず先に一般の売却を頼むという方法もあります。ただし、専任媒介契約の特約事項として、契約期間が過ぎたら買い取りをしてもらうというものがあります。これは一部の不動産会社が行っているものですが、最初に買い取ってくれる金額を決めることができるのでお得です。うまくいけば希望する金額で売却することもできます。そして買い取り専門業者の選び方としては、リフォーム費用をそれほどかけずに再販するようなところを選ぶことが大事です。

この記事も一緒にお読みください。
不動産会社の販売活動って何?どんな方法で買い手を探すの?

その分だけ値下げ幅が少なくなるからです。宣伝広告を行っている大手の業者は、比較的査定金額は低めになります。できれば地元で手広く活動している不動産会社の方が、宣伝にお金をかけない分だけ高い査定額を提示してくれます。また地元の業者に依頼するメリットは、地域の利点を多くアピールできるからです。不動産はその価値をいかに理解してもらうかが重要と言えます。その価値を認めてもらうことで、高めに売却できるのが理由です。

そして地元の業者であれば、その地域の良さを十分に理解しています。そのために買い取りも高めに査定してくれるということになります。さらにリフォーム会社との連携も取れていることが多いので、修繕費用も安く済ませることができる利点もあります。当然ながらリフォームを安く抑えることで買い取りの金額も高まります。そして購入者にとっても喜ばれるような内装を心得ているという利点もあります。このような効率の良い再販ができる業者を選ぶことが大事です。

条件に合う不動産会社の選び方とは

不動産を売却する際に、なかなか買い手がつかないような場合に役立つのが不動産会社の買取サービスです。これは売却とは異なり、業者が直接物件を引き取ってくれるので時間をかけずに処分できるのが特徴です。さらに仲介という形ではなくなるので、仲介手数料がかからないのもポイントです。ただし、一般の売却による処分とは異なり、周辺相場と比べるとかなり安い価格で買い取られることになります。その理由は、不動産会社が内装や設備に手を加えて再販するためです。その改修費用の分だけ差し引いて買い取ることになるので注意が必要です。そこで、いかに高い価格で買い取ってもらうかを考えるために、不動産会社の選び方が重要となります。また不動産を手放すことには何かしらの理由があります。その条件に合った買取をしてくれる業者を選ぶことも大切です。まず買取業者の選び方で大事なことは、複数の業者に査定金額の算出を依頼することになります。売却の場合には査定金額の通りに買い手がつくとは限りません。
けれども買取の場合には、提示された金額そのままで買い取ってもらうことになるので、一番高い金額提示をした業者を選ぶのが一般的です。けれども時には、買取条件として求めることが出てきます。例えば住宅ローンを組んで購入した家やマンションの場合、その残債があれば全て返済することが必要になります。これは物件に融資をした銀行などが担保として抵当権をつけているからです。全てのローンを返済しなければ、この抵当権を外すことはできません。そうなると、買取をした業者に物件を引き渡すことができなくなるのです。そこでもしローン全てを返済できない場合には、残りを現金で支払う必要があります。その現金がないとなれば、他の無担保ローンなどを借り入れて現金を作ることになります。買取をする不動産会社によっては、そのための融資先を紹介してくれるところもあります。もし自分で無担保ローンを借りることができなければ、そのような不動産会社に依頼して引き渡しを無事に済ませることが必要というわけです。物件を手放す理由によっては、何かしらの協力が得られる業者を探す必要があるということになります。また買取業者によっては再販する際のリフォームにどれほどの費用をかけるのかが異なります。付加価値をつけて売り出すために、多額のリフォーム費用をかける業者となれば、買取価格もその分安くなるので注意が必要です。

マンションの買取をする不動産会社の選び方とは

マンションを売却する際に、急いで手放したい時には買取を行う不動産会社を探す必要があります。例として買い替えをする場合、新しい物件を購入する前にマンションを処分する必要があります。けれども売却となれば何かと時間がかかります。チラシをまいたり電話で売り込んだりと手間をかけて買い手を探すことになります。もしかするとなかなか買い手がつかずに売れないということもあります。

そこで買取という形を選ぶことで、すぐに不動産会社に引き取ってもらうことですぐにローンを払い終えることが可能です。ただしローンの残債全てを払い終えることが出来なければ、他に現金を用意して残りの残債も支払う必要があります。もし残債が残れば、マンションに付けられた抵当権を外してもらうことができないからです。するとマンションを引き取ってもらうことができません。そこでより高い金額で買取を行える業者の選び方が必要となります。

この記事も一緒にお読みください。
不動産の売却価格を値下げするときの良い例と悪い例

まずマンションの買取を多くてがけた経験豊富な業者が必要です。大抵の場合には室内をリフォームして新築同様にした後で、再販活動を行います。慣れた不動産会社であれば、リフォーム費用も抑えることができますし、その物件の周辺に合った内装を設計することができます。リフォーム費用を抑えるほどに、買取金額が高くなるというわけです。そこで地元の情報に詳しい業者を探すという選び方も必要となります。さ

らに任意売却にも対応できる不動産会社であれば安心です。というのも、急いでマンションを手放したいというケースには、ローンを滞納しているケースが多いからです。そして任意売却の場合にはさらに色々と知っておかなければならないことがあります。そのような知識を持った不動産会社を選べば安心できます。例としてローンを全てを払えなかった場合には、残債は借金として残ります。

その返済計画が負担の大きなものであれば、債権者に交渉して債務を減らしてもらうこともあります。そのようにクライアントの生活再建までも考慮してくれる業者を選ぶ必要があります。早期に手放したいという場合には何かしらの事情があるものです。それを考慮して活動してくれるような業者を探すことが大切です。地元で長く活動しているような業者であれば安心できます。というのも、取引事例そのものが豊富にあると考えられますし、地元で物件を探している顧客も沢山抱えていることも多いので高めの買取金額を提示してくれるからです。

対応の良い不動産会社の選び方とは

不動産を手放す時には、親身になって対応してくれる不動産会社を選びたいものです。特に買取となれば、いくらで買い取ってもらうのかは担当者の対応にもよります。そこで不動産会社の選び方を知っておくと、親身に対応してくれる業者を見つけることが可能となります。まず大手のチェーン店のように宣伝広告にお金をかけているようなところよりも、地元で長く活動しているようなところで探すのが良いと言えます。

これは一見すると、チェーン店の方が資金力もあることから買取金額も高くなると思いがちです。けれどもその金額の決定は簡単には行えないものですし、ましてや店舗ごとの勝手な判断で決めることはできません。それよりも独立した店舗として活動している不動産会社の方が融通が利くと言えます。さらに意思決定が早いので早期に買取を頼むこともできます。

また無駄な宣伝費用を使っていないので、利益の確保という点から見ると大手チェーンよりも余裕があります。それが親身な対応につながるというわけです。さらに役立つ選び方としては、取引事例が多い不動産会社ほど再販に慣れているので、リフォームにも無駄がありませんし余計なコストはかけずに買い手をつけています。つまりリフォームの費用が少ない分だけ買取金額も高くなるというわけです。

地元での活動が長いほどに、物件を探している顧客も多く抱えています。そこで紹介もしやすいことから、肌に内装工事を行って売りやすくしようという無駄な予算をかけずに済むわけです。リフォーム業者とも付き合いが長いので、さらに工事費用を削減することができます。さらに任意売却のような形で買取を依頼する場合にも、親身になって対応してくれます。この場合にはローンの残債が残る可能性が高いわけですが、債権者と交渉して債務を減らすように交渉もしてくれます。さらに引っ越しのための現金も残してくれるので生活の再建を考える人にとっても嬉しい心遣いであると言えます。

このようにクライアントの状況をしっかりと理解して対応してくれることが地元の不動産会社の利点とも言えます。不動産を買い取った後のクライアントの生活も考慮してくれるなど、宣伝活動費用をかけない分だけ余裕のあるサービスをしてくれるわけです。そのような業者をピックアップして買取の査定金額を算出してもらい、そこからどの業者に頼むのかを決めるということになります。ただ不動産を引き取って終わりではないのが嬉しいものです。

この記事も一緒にお読みください。
相続した不動産を売却するとき納める2つの税金

一般的な買取の不動産会社の選び方とは

保有する不動産を売却する場合、早期に処分したいケースがあります。なかなか買い手がつかないような時には、不動産会社に買取をしてもらうのもひとつの方法です。一般的に市場で売却するよりも金額は安くなりますが、確実に手放すことかできる利点があります。その際の不動産会社の選び方として、リフォーム費用をかけずに再販できる業者を探すことが挙げられます。

通常は不動産会社は、買取をした不動産にリフォームやリノベーションを施して販売することになります。その時に付加価値をつけえ内装工事を行う傾向があるので、リフォーム費用はかなり必要となります。けれども再販価格は周辺の不動産相場とほとんど変わらない金額になるので、買取金額はそのリフォーム費用の分だけ安くなるということになります。

つまり、リフォームの費用が少ないほど買取金額は高くなるというわけです。けれども多くの業者は再販する際に、いかにその物件を魅力的なものにするのかを念頭に置いています。そうでなければ買い手がつかないと考えるわけです。そこで買取業者の選び方として、地元に詳しい不動産会社を探すという方法が挙げられます。

これは再販する不動産そのものの価値を良く知る業者を選ぶということを意味します。一般的に不動産を売却する際には、その価値を知ってもらうことにより売却価格を高く設定することができるようになります。つまり、リフォームなどにお金をかけなくても、その立地の価値を十分に理解できる買い手を探すことで難なく売却できるというわけです。

この記事も一緒にお読みください。
築年数が古い不動産を売却するときのポイントと注意点

そのような取引経験が豊富な業者を選ぶことで、買取金額も高くなるというわけです。一般売却よりも安くなるとはいえ、買取で処分すると購入時のローンの残債を全て返済できない可能性があります。つまり買取金額だけでは残債をゼロにはできないということです。そうなると、融資をしている銀行が抵当権を外さないので、不動産を引き渡すことができなくなります。そこで他から融資を受けて、残債の残りを支払うことになります。そのような負担を減らすためにも、少しでも高い査定金額を提示する業者を探すことが必要になります。

まずは複数の候補を選んで査定金額を算出してもらうことが必要です。その数字によってどの業者に任せるのかを決めることになります。一般の売却における査定金額とは異なり、買取の場合はその金額で取引が成立するので、比較検討がしやすいという利点があります。

物件探しのための地元の不動産会社の選び方とは

不動産物件を探す際には、地元の不動産会社に足を運ぶのが一番です。ネットに掲載される情報はすぐに陳腐化されますし、人気のある物件はすぐに決まってしまいます。その点、駅前などの地元の不動産会社には新鮮な情報が集まります。ネットに出る前の条件の良い物件を見つけることができるというわけです。そのための不動産会社の選び方としては、まず物件のオーナーと専任媒介契約を結ぶことがポイントになります。

この記事も一緒にお読みください。
準備不足はNG!家を売る前にチェックしておきたい7つのポイント

このような物件は一般に出回ることが無いので、優先的に検証することができます。また、このような不動産会社は宣伝活動を行っていないので、無駄なコストをかけずに物件探しに協力してくれるようになります。例えば大手チェーン店の場合、見込みのあるお客を優先して情報提供します。けれども駅前にあるような不動産会社であれば、条件を提示しておくことできちんと連絡を入れてくれます。

物件の選び方としても、このような不動産会社を複数見つけておいて、情報が入れば連絡してもらえるようにしておくことがお勧めです。もちろん定期的に足を運んで、新しい物件情報が入っていないかどうかをチェックすることも大事です。またお得な情報として、任意売却に出される物件を探すという方法もあります。これは住宅ローンを滞納することにより、早期に処分する必要がある物件のことです。市場相場と比べると安く購入できるようになりますが、なかなかこのような物件情報は得られません。そこで地元の不動産会社に足を運ぶことで、そのような情報を得られることになります。

任意売却は一般に購入者を募ることができないものです。債権者の承認を得た業者のみが売却活動を行えるので、地元で長く活動している不動産会社であれば扱う可能性が高いというわけです。さらに地元の業者を介することによって、売主と価格に関する交渉もできるようになります。地域情報に詳しい業者は信頼を得ているので、適正な価格で取り引きにつなげられると判断されるからです。

以上のような理由から、お得に不動産情報を得るためには地元で長く物件を扱っている業者を探すことが効果的というわけです。また駅前の業者を選ぶのも、より多くの情報が集まるという理由になります。ネットであればすぐに情報は行きわたりますし、検索も楽に行えます。けれども足を使って情報を得るということは少なくなっています。これが業者を回って直接物件探しをする理由と言えます。