お得な物件買取の不動産会社の選び方

不動産の売却は、普通の人であれば滅多に経験することはありませんから、これから不動産を売却をしようとしている方のほとんどは素人です。実際、信頼できる不動産会社に任せておけば、素人でも問題ありません。ここで重要なのは、簡単に不動産売却ができて、信頼できる不動産会社の選び方です。どのような不動産会社を選べばお得になるのかお教えします。まず、不動産会社には3つのタイプが存在します。1つ目は「活気があり、頑張っているが歴史が浅い不動産会社」、2つ目は「潰れそうなのに、長いこと続いている不動産会社」、3つ目は「活気があり、長いこと続いている会社」です。2つ目は、見た目が問題なだけであり、実は安定した経営ができている不動産会社です。このような不動産会社は、主な収入源は賃貸物件の仲介業と物件管理業であり、地元の大地主から多くの物件を任されています。賃貸の管理を行うことで、管理費のみならず、空き室の入居者を決める度に、仲介手数料が入ってくるので、頑張らなくてもやっていけるわけです。このような不動産会社は、選ばない方が無難です。せっかく大事な不動産を売却するわけですから、「活気があり、頑張っている不動産会社」に買取を依頼した方が信頼できます。でも最も信頼でき、お勧めなのが、「活気があり、長いこと続いている会社」です。長いこと続いているかどうかは宅建業の免許番号の更新回数で見極めます。中には、先ほど紹介した「潰れそうなのに、長いこと続いている不動産会社」が当てはまるため、免許番号の更新だけでは決め手になりませんが、一つの指標となりますので必ずチェックしましょう。逆に「活気があり、頑張っているが歴史が浅い不動産会社」は宅建業の免許番号の更新回数が少ないです。新しい不動産会社はオープンしたばかりで、営業力が期待できますし、売買仲介を重視する傾向がありますが、歴史が浅いため信頼性に欠けます。それでは、どのように選べば良いのか説明します。歴史が長いかどうかについては前述の通り、免許の更新回数で見極めます。次に活気があるかどうかですが、これは社員のやる気を見るのが一番です。見極め方は非常に簡単です。入店したときの社員の挨拶が元気か、服装がきちんと清潔感があるか、店内はきれいになっているか等、当たり前のことができいるかを見るようにしましょう。しかし、訪問査定などの場合では、直接店舗をみることができませんので、上述のような方法で良し悪しを判断することはできません。このような場合は、訪問査定に来た営業担当者の態度で見極めます。それは、非常に簡単です。物件オーナーである私たちの話を親身に聞いて、最も納得のできる買取をしてくれるかどうかが重要です。不動産物件は売主によって事情が異なり、最適な売買方法もそれぞれのケースに分かれます。そのため、売主の意志を尊重し、それに適した方法を採用して、物件の売買仲介を進めなければ、売買契約が成立しません。物件の特性を把握し、オーナーの意志や思いを確実に汲み取り、最適な売買戦略を立案できる不動産会社が最も信頼できると言えます。逆に、物件オーナーである売主の意見を全く聞かず、不動産会社の都合で無理やり売買戦略を押し付けてくるようなところは、お得な結果を出すことができないと言えます。このような不動産会社は決まって、売れない理由を立地条件の問題にしたり、その時の市場の環境のせいにしたりします。間違った選び方をしないよう、注意して下さい。

大切な自分の不動産物件を第三者に任せるわけですから、選び方に自信が持てない方も多いですよね。そのような場合は、一般媒介契約を締結することをお勧めします。不動産の契約方法には大きく分けると2つ存在し、一般契約と専任契約があります。専任契約にしてしまうと、その不動産会社からしか、売買を依頼できなくなってしまいます。一方で、一般契約であれば、仮に業者選びに失敗したとしても、他の業者と一般契約を結ぶことが可能となります。無理して専任契約をせずに、一般契約とした方が安心です。

ということは、最適な不動産会社の選び方として、最初の段階で1社のみに絞らず、複数の会社に査定を依頼するのが成功への道であることが分かって頂けたかと思います。そんな時に、お勧めなのが一括査定です。一括査定を使うと、物件オーナーの情報とマッチングする不動産会社を自動で探してくれます。一般契約を結ぼうとしている方に最も適したサービスと言えます。一括査定サイトも複数ありますが、このサイトの選び方についてもコツがあります。ポイントはサイト運営している会社が安定しているか、利用者数や実績があるところを探しましょう。また、多くの国内大手の不動産会社に査定ができるサイトもお勧めです。いずれにしても、こちらの一括査定サイトも複数利用してみて、自分に合ったものを見つけることが必要です。

仮に、悪徳な不動産業者と専任契約を結んでしまった場合は、とにかく3か月の契約期間が過ぎるのを待ちましょう。悪徳な不動産業者は契約期間である3か月間とくに営業努力をせず放置することがあります。そして期限が近付いたら、物件のオーナーに諦めさせ、価格を大幅に値下げし、無理やり買取業者に買い取らせるなどの対応をしようとします。最初から上述のようなストーリーが出来上がっていて、そのつもりで対応する業者もいますので、注意して下さい。少しでも不審に感じたら、値下げ要求に応えることはせず、ひたすら契約期間が過ぎるのを待つのです。そして、新たに契約できるようになったら、一括査定サイトを使い、複数の不動産業者を探し、信頼できる業者と一般契約を結んで下さい。

上述の通り、不動産売買は非常に神経を使い、大変なイメージがありますが、最近では「全国出張買取無料」「無料査定」「仲介手数料不要」の買取業者もあります。通常であれば不動産買取には時間がかかります。でも中にはすぐにでも不動産を買い取ってほしい方も多いです。そのような場合は、資金力のある不動産買取業者に依頼しましょう。

通常、自社で不動産を買い取る場合は、銀行から融資を受けますが、全額を融資してくれるわけではありません。不動産価格の1割と登記費用などの諸費用を用意しなくてはなりません。また不動産を持つと融資で受けた金利や、固定資産税、保有している間にかかるランニングコストが必要となります。このような理由から、即決、即金で不動産の買取ができない業者が多いわけです。しかし、上述の通り歴史も長く活気がある不動産業者は、早急に買取ができるように豊富な資金力がありますし、銀行からの信頼もあるため融資が必要な場合もすぐに融資が受けられます。さらに通常ならかかってしまう仲介手数料が無料になることもありお得です。

このような都合の良い不動産会社は存在するのか疑問に思うかもしれませんが、実はあるんです。以下のリンクをクリックしてみて下さい。ここはなんと、「全国出張買取無料」「無料査定」「仲介手数料不要」でしかも、長い歴史がある不動産会社です。お得な不動産の買取業者の選び方