不動産会社の選び方!情報量次第では損をすることも

不動産の売却を考えるなら手段は2つ。不動産会社が購入者を探す「仲介」と不動産会社が直接購入者となる「買取」があります。買取の場合は仲介と違い、広告宣伝費や仲介手数料がかからずすぐに売却することができますが、仲介で売却する場合の価格よりも低くなることが多いです。売却価格だけみると買取は損ですが、なかなか売却できずに広告宣伝費が膨大になってしまった場合には買取の方が得をする場合もあります。仲介と買取は不動産会社の選び方次第でどちらが得でどちらが損をするかの明暗が分かれます。では、「仲介」で不動産を売却する際に損をしないように気を付けなければならないポイントは何なのでしょうか。

この記事も一緒にお読みください。
近所の人に知られずマイホームを売却できるのか?

売却を希望する不動産が早く売れれば売れるほど、売るために必要なコストが削減できるため売主は得をします。そして、早く売却できるかどうかは「情報量」が大きく関わっています。インターネットを経由して購入希望者を探す場合には、より多くのサイト、より多くの閲覧者のあるサイトに掲載されることが重要。多くの人の目に触れれば購入希望者が早く見つかる可能性は高くなるからです。その点では地域密着型よりは大手不動産会社の方が知名度があり、情報が人目に付きやすいでしょう。しかし、それだけでなく地域の情報に詳しいかどうかも重要ポイントです。地域のニーズに合わせて広告文句や営業先を工夫するなど、柔軟に対応できる不動産会社を選ぶなら地域密着型の方が良い場合もあります。

では、大手と地域密着型のどちらを選ぶべきなのでしょうか。大きな売り物であり、買い物である不動産で損をしないための選び方には、情報量ともう一つ大切なポイントがあります。それが「担当者の熱意」です。不動産売買の仲介を契約しても売主が営業の様子を知ることは難しいです。担当者に明らかに熱意が感じられない場合は、買い手がなかなかつかず売り時を逃してしまう可能性が高くなります。その点からいうと、大手不動産会社が必ずしも良いとは限りません。相談をして熱意を感じる担当者に当たるかどうかは損をしないために見極めたいポイントです。複数検討しても最終的に1つの不動産会社に絞り専任契約を結ぶのがコストを抑える面では理想的ですが、どうしても「ココ」というところが見つからなかった場合は、専任媒介契約ではなく、一般媒介契約し、複数の不動産会社を同時に契約することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です