蟻が侵入する可能性はマンションでもある

“一軒家は蟻の侵入が比較的多く見られる傾向にあります。新築の家であっても築年数の古い家であっても、侵入してくる可能性は大差がないため、ハウスメーカーによっては蟻については免責事項としているケースもあるほど対処の難しい問題として認識されています。そのためにホームセンターやドラッグストアではさまざまな蟻侵入対策の薬剤が販売されており、好調な売れ行きを示しています。その一方で、鉄筋コンクリート造のマンションであれば、蟻に関する心配はないものとして安心している人が多く見られます。
しかし、マンションに居住している場合にも実際には蟻の侵入はそれほど珍しい現象ではなく、一軒家と比較すると頻度は低いものの絶対に侵入してこないということはありません。わずかな隙間があればそこから徐々に入り込んできて部屋の中を歩き回るという事になってしまいます。最近は毒性のあるという海外種の「ヒアリ」が大きな話題となっていますが、それは海外との貿易が盛んに行われている港湾地区やその周辺に見られる程度であり、注意は必要であるもののあまり恐れる必要はありません。それよりも、ごく普通に見られるクロアリなどの吸蜜性のタイプは身体も小さいために、かなり小さな隙間からも侵入してくることがあります。基本的に歩き回ることしかしませんのでヒトに対しての害はありませんが、甘いものに群がってしまうなど食料品に対して被害を与えるという可能性はあります。そのために適切な方法で駆除するということが必要となってきます。マンションの場合には侵入経路も特定しやすいために対処方法をしっかりとした場合には早期に全滅させることも容易であるといえます。
マンションに使用されている鉄筋コンクリートは、内部にごく小さい空洞が存在しており、その穴を伝って来ることで蟻の侵入を許してしまいます。場合によっては10階以上の高層階でも発見されたことがあります。またベランダで野菜や花などを栽培している場合には土の中に混入してそこから家の中に侵入するというケースもまれにあります。侵入経路は歩いている個体をよく観察することで簡単に見つけることができますので、その周辺に遅効性(毒餌タイプ)の殺虫剤を設置するという方法がベストです。甘い蜜や固形の餌に毒成分が配合されているため、巣に持ち帰った後仲間に分け与えてそのまま巣ごと全滅するという仕組みとなっています。少し可愛そうな気にもなりますが、不快害虫であることには代わりありませんので、しっかりと根絶しましょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です